ANA、ハワイ線A380の機体デザインとカウチシート「ANA COUCHii」公開


 
ANA(全日本空輸)は、2019年春から東京=ホノルル線に導入する「エアバスA380」の機体デザインと機内仕様を発表しました。
 
A380特別塗装機のデザインと愛称は「空飛ぶウミガメ」の意味をもつ「FLYING HONU」となっており、ファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミークラス383席の520席が設定されています。ビジネスシートには隣同士で座れるペアシートエコノミークラスには日本の航空会社で初のカウチシート「ANA COUCHii」が導入されるのも特徴です。
 

 
エコノミークラスのカウチシートでは、隣接する席のレッグレストを上げて3席もしくは4席分をベッドのように利用することが可能です。また、専用の寝具も用意されます。こちらは通常のエコノミークラス運賃に追加料金で利用できるそうです。
 
さらに機内Wi-Fi「ANA Wi-Fi Service」や、ベンチシートが設置され着替え・パウダールーム・授乳なに利用できる多目的ルーム、そしてドリンクや軽食が楽しめるバーカウンターが設置されます。これぞ、A380といった装備ですね。
 
さらに、ホノルルにはANAの空港ラウンジも設置される予定です。来年の夏はANAでホノルルをめいいっぱい満喫するのも悪くないかもしれません。
 
Image Credit: ANA
■「ANA HAWAii」が始動します
https://www.ana.co.jp/group/pr/201804/20180425-2.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る