エアバス「超長距離型A350 XWB」初飛行を実施 2018年後半に運行開始予定


 
エアバスは2018年4月23日(現地時間)、超長距離型のA350 XWBが初飛行を実施したと発表しました。同機は2018年後半の運行開始を予定しています。
 
超長距離型のA350 XWBはA350 XWBファミリーのバリエーションで、商業旅客機として最高クラスの航続距離を実現。テスト機にはロールス・ロイス社の「Trent XWB」エンジンが搭載され、試験を実施しました。
 
機体では追加燃料タンクなしでも最大2万4000リッターの燃料が積載可能で、延長ウィングレットを採用するなどエアロダイナミクスも改良。これにより9700海里の飛行が可能で、シンガポールーニューヨーク間の航路も設定可能です。最大離陸重量は280トンで、20時間の連続航行が可能となっています。
 
超長距離型のA350 XWBはシンガポール航空が7機を発注しています。
 
Image Credit: エアバス
■エアバス
http://www.airbusjapan.com/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る