室屋選手、ラウンド・オブ・8進出:レッドブル・エアレース2018 第2戦カンヌ大会


 
本日から決勝を迎えるレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2018年シーズン第2戦 カンヌ大会。日本人パイロットの室屋義秀選手はラウンド・オブ・14でカナダのピート・マクロード選手を下し、ラウンド・オブ・8に進出しました。
 
室屋選手はどこか余裕も感じる飛行で、58.015秒をマーク。一方ピート・マクロード選手のタイムは58.212秒でした。これにより、室屋選手はラウンド・オブ・8でフランスのミカエル・ブラジョー選手と対戦することになります。
 
なお今回の大会では生中継が実施されており、NHK BS1では23時〜23日午前0時にラウンド・オブ・8とファイナル4を放送。一方DAZNでは22日23時からラウンド・オブ・8とファイナル4を放送します。
 
Image Credit: 塚本直樹
■レッドブル・エアレース
http://airrace.redbull.com/ja_RU
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る