スペースX「ファルコン9」、惑星探査衛星「TESS」打ち上げ実施 ロケット着陸は成功


 
宇宙開発企業のスペースX社は2018年4月18日(現地時間)、フロリダのケープカナベラル空軍基地から「ファルコン9」ロケットを打ち上げました。また、ロケット第1段のドローン船への着陸に成功しています。
 
今回のファルコン9には次期惑星探査衛星「TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)」が搭載されています。これは惑星が主星の前を通り過ぎる時の明るさの変化を利用した「トランジット法」で、太陽系の外の惑星を探査する人工衛星です。
 
現在は同様の人工衛星として「ケプラー宇宙望遠鏡」が運用されていますが、TESSはその後継機として宇宙のより広い範囲(約85%)、かつ地球から30〜300光年程度までの近めの惑星系を調査する予定です。TESSの運用期間は2年間が予定されています。
 
Image Credit: スペースX
■TESS Mission
[https://www.youtube.com/watch?v=aY-0uBIYYKk]
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る