ドコモ、世界初の高解像度版浮遊球体ドローンを開発


 
NTTドコモは2018年4月19日、世界初の全方位に高解像度映像を表示しながら飛行できる「高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したと発表しました。
 
NTTドコモは2017年にLEDフレームを回転させて映像を表示する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を発表。そして今回のバージョンでは、従来の12倍超の解像度(縦半周320×横1周760ピクセル)を達成。これにより、実写映像やアニメーションなどを表示することができるようになりました。
 
高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイは2018年度の商用化を目指し、スタジアムやコンサートホールなどのイベント会場向けの利用が想定されています。また、4月28日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2018」のNTTブースにて、デモ飛行もおこなわれる予定です。
 
Image Credit: NTTドコモ
■世界初、「高解像度版浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_180419_01.pdf
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る