エアバス、航空機の検査ドローンをローンチ テスティアと共同開発

スペシャリスト:


 
エアバスは2018年4月10日(現地時間)、格納庫内で使用する旅客機の検査用ドローンをローンチしました。ドローンは2018年第4四半期から利用が可能になります。
 
このドローンはビジュアルカメラや障害物検知レーザーセンサーを搭載し、専用ソフトウェアと組み合わせて自律飛行が可能です。そしてソフトウェアにて画像を分析し、機体表面の損傷箇所を測定するのです。開発にはエアバス子会社のテスティアが参加しています。
 
そしてドローンを利用することで機体の目視確認を効率的に行い機体の休止時間の削減や検査レポートの質の向上が期待されます。また、実際にはエアバスの単通路型ファミリーで初めての運用が予定されています。
 
Image Credit: エアバス
■エアバス・ジャパン
http://www.airbusjapan.com/
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Engadget 日本版、Sorae、bouncy、moovoo、MoguraVR、d.365、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@naoki_tsukamoto

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報