ANA導入のエアバス「A380初号機」、大型部品が工場到着 2019年春に引き渡し


 
ANA(全日本空輸)が2019年春から導入する、エアバスの超大型旅客機「A380」。こちらのANA向けとなる初号機の大型部品がフランス・トゥールーズの最終組み立て工場に到着しました。
 
ANAが2016年に3機を発注したA380。日本の航空会社として初導入となるA380は、東京ーホノルル間の航路に投入される予定です。また特別塗装機の本体にはウミガメの親子の塗装が施され、空飛ぶウミガメを意味する「FLYING HONU」が名付けられます。
 
欧州各工場で組み立てられ特殊トレーラーで輸送されたA380の前部胴体、中央胴体、後部胴体、尾翼、左右の主翼の6点の大型部品は、4月から最終組立を開始する予定です。
 

 
Image Credit: エアバス・ジャパン
■エアバス・ジャパン
http://www.airbusjapan.com/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る