特集サイト「2018年火星大接近」オープン 今年夏に約5800万kmまで接近

スペシャリスト:


 
探査機の活躍などが伝えられる、地球のお隣の惑星「火星」。さらに今年の夏には、地球と火星の距離が5800万キロを切るという大接近が予定されています。そんな天文イベントにあわせ、特集サイト「2018年火星大接近」がオープンしました。
 
2年2ヶ月ごとに地球に接近する火星ですが、2018年では7月31日に地球に最も近くなります。また6月から9月までの期間にも普段よりも明るく輝く火星が観察できるのです。
 
2018年火星大接近では今夜の火星の位置だけでなく、火星に関する天文学的な知識も提供され、さらに火星大接近に関するイベント情報も拡充される予定です。
 
なお、サイトでは天文・宇宙関連企業のパートナーも募集しています。今年の夏は輝く火星を眺めながら過ごすのも良さそうですね。
 
Image Credit: 2018年火星大接近
■2018年火星大接近
https://mars2018.space/
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとしてドローンや宇宙開発、それにスマートフォン・ウェアラブルなどテクノロジー分野まで執筆中。執筆媒体はギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、Engadget 日本版、Sorae、bouncy、moovoo、MoguraVR、d.365、乗りものニュースなど。お仕事は@naoki_tsukamotoかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@naoki_tsukamoto

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報