ボーイング、1万機目の737をロールアウト ギネス記録認定


 
ボーイングは2018年3月13日(現地時間)、サウスウエスト航空向けとなる1万機目となる「737 MAX 8」が生産ラインを離れたと発表されました。これにより、737ファミリーは商業向け航空機の生産機数としてギネス記録を達成したことになります。
 
737は2006年に約40年かけて5000機の生産を達成し、当時のギネス記録に記載されていました。そして成長する航空業界とその需要、生産スピードにより、次のマイルストーンとなる1万機はわずか12年で達成することになったのです。
 
さらに今後ボーイングは、年末までに737の生産レートを月産47機から52機にまで引き上げるとしています。また737は新型機「737 MAX」の登場により4600機以上の受注を抱えており、今後も世界の都市を結び続けることになります。
 
Image Credit: ボーイング
■Boeing Recognized by GUINNESS WORLD RECORDS™ for 10,000th 737
http://boeing.mediaroom.com/2018-03-13-Boeing-Recognized-by-GUINNESS-WORLD-RECORDS-TM-for-10-000th-737#assets_20295_130144-117:20367
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る