木星のジェットストリームを赤外線撮影 地球と異なる活動が明らかに


 
木星といえば大赤斑を含む、惑星全体を覆う嵐(ジェットストリーム)が有名でしょう。さらに探査機「ジュノー」の撮影により、そのジェットストリームが地球とは異なる活動をしていることが観察されました。
 
今回の画像は、ジュノーに搭載されている「JIRAM(赤外線オーロラマッピング装置)」で撮影されたものです。合成画像は木星の北極に位置する中央の嵐と、それを取り囲む8個の嵐を捉えています。
 
そして分析の結果、これらの嵐は木星の深い部分にまで達しており、また地球の北極付近の大気活動に比べてより長く存在し続けることが判明しました。これらの研究は、木星の内部構造やコアの質量、その成り立ちを理解するために役立つことが期待されています。
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/ASI/INAF/JIRAM
■NASA Juno Findings – Jupiter’s Jet-Streams Are Unearthly
https://www.nasa.gov/feature/jpl/nasa-juno-findings-jupiter-s-jet-streams-are-unearthly/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る