NASAの科学者の名前が与えられた月クレーター

スペシャリスト:


 
上の写真は、2013年に亡くなったNASA主任科学者のマイケル・ワーゴ(Michael Wargo)氏の名前が与えられた月面クレーターです。クレーターの大きさや約13.8kmほどとなっています。
 
ワーゴ氏はNASAにて1991年から2013年まで、月観測や月面探査ミッションなどで大いに貢献しました。例えば月周回衛星「ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)」も、彼が関わったミッションのうちの一つです。
 
Joule Tクレーターの北西端に位置するこのクレーターは、2017年にIAU(国際天文学連合)が認めたことで正式に「ワーゴ(Wargo)」と呼ばれることになりました。
 
Image Credit: NASA
■A Lunar Tribute to Former NASA Chief Exploration Scientist
https://www.nasa.gov/image-feature/a-lunar-tribute-to-former-nasa-chief-exploration-scientist
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報