NASA、次世代気象衛星「GOES-S」打ち上げ成功 「アトラスV」ロケット使用

スペシャリスト:


 
NASAは2018年3月2日(現地時間)、「アトラスV」ロケットをケープ・カナベラル空軍基地から打ち上げました。ロケットに搭載されていた次世代気象衛星「GOES-S」も予定通りの軌道に投入されています。
 
NOAA(アメリカ海洋大気庁)のGOES-Sは西アメリカに影響する嵐や雷、野火、濃霧などの気象データを、リアルタイムに近いレベルで素早くかつ正確、詳細に観測できる気象衛星です。
 
また、打ち上げに利用されたアトラスVはユナイテッド・ローンチ・アライアンス(ULA)が製造。ロケットの打ち上げ後、3月2日の20時58分に太陽電池パネルの展開を確認しています。

今後GOES-Sは約2週間後に静止軌道に移動した後に「GOES-17」と名称を変更し、年内に観測機器のチェックを終えて「GOES-West」へと移動し、すでに打ち上げられ「GOES-East」に位置していた「GOES-16」とペアでの運用が開始されます。
 
Image Credit: NASA
■NASA, ULA Launch Advanced NOAA Weather Satellite
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-ula-launch-advanced-noaa-weather-satellite
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報