都内3箇所にドローン練習場「DRONE COURT」がオープン 風が吹くコートも

スペシャリスト:


 
ドローン専用メディア「DRONE PRESS」を運営するReVisionはフットサルクラブ東京と連携し、2月28日に都市型屋内ドローン練習場「DRONE COURT」をオープンします。場所は東京都江東区豊洲、江東区新砂 、八王子の3箇所です。
 
現在は改正航空法の影響により、東京23区内屋外での無許可のドローン飛行は実質的に難しいのが現状です。しかしDRONE COURTの練習場なら、国交省への申請なしに200g以上のドローンが操縦できます。さらに練習場は四方をネットや壁で囲われているため事故の心配がなく、また都心からのアクセスも良好。さらに豊洲コート内では風が吹く環境を利用し、より実践的な実証実験や練習が可能なのです。
 
それぞれの利用料金は豊洲コートが枠1面/1時間で2万円、東陽町コートが枠1面/1時間で1万円6000円、八王子コートが枠1面/1時間で1万2000円となっています。また2時間以上利用する場合は、用途に応じて料金が変動するそうです。
 
Image Credit: DRONE COURT
■DRONE COURT
https://www.drone-court.com/
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報