「H-IIA」ロケット、2月26日に延期 「情報収集衛星光学6号機」を打ち上げ予定


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年2月23日、「H-IIA」ロケットの打ち上げ2月25日から2月26日13時34分〜48分へと延期すると発表しました。
 
種子島宇宙センターからの打ち上げを予定してた「H-IIA・F38(38号機)」ですが、延期の理由としては当日の天候悪化の予測があげられています。また、26日の打ち上げの可否については明日(24日)以降の天候状況を踏まえて再度判断するそうです。
 
なお、H-IIAロケット38号機は「情報収集衛星光学6号機」を打ち上げる予定です。こちらは光学センサーで地上を撮影する情報収集衛星となっており、日本の安全保障や災害時の状況把握などに活用されることとなります。
 
Image Credit: JAXA
■H-IIAロケット38号機による情報収集衛星光学6号機の打上げ延期について
http://www.jaxa.jp/press/2018/02/20180223_h2af38_j.html
(文/塚本直樹)

 

関連記事

ページ上部へ戻る