ドコモ、ドローンプラットフォーム「docomo sky」発表 ドローンの初期導入支援も春予定


 
NTTドコモドコモは2018年2月21日、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」の開発を発表しました。本サービスは、まずソーラーパネルの自動点検・解析サービスでトライアル提供される予定です。
 
ドローンプラットフォーム docomo skyは、クラウドコネクト・運航支援基盤・ビジネス支援基盤・解析支援基盤を軸とし、ドローンとプラットフォームをセルラーネットワークで常時接続します。これによりWEB上で複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報管理、機体を用いた業務のワークフロー管理、撮影画像データ等のセンシングデータのリアルタイム取得などを管理することができるのです。
 
なお、2018年3月からは「太陽光発電事業者向けソーラーパネル自動点検・解析サービス」を九州おひさま発電株式会社の日置発電所(鹿児島県)にトライアル提供します。
 
さらに4月からは、ドコモはビジネス実証や技術開発を加速させる「セルラードローン・オープンパートナーイニシアティブ」を発足。2018年春からは企業や自治体向けにドローンの機体及び機体用カメラの販売やレンタル、通信端末の提供、映像中継や3D画像計測等のソリューション提供、国土交通省への飛行申請サポート、パイロットの派遣や安全に運用するための講習等、ドローンの初期導入を支援する「ドローンスターターサポート」を開始する予定です。
 
Image Credit: NTTドコモ
■ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/02/21_00.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る