ANA、国内線フライトマップに新機能 食べログや絶景情報も追加


 
ANA(全日本空輸)は2018年2月19日、国内線「ANA Wi-Fi Service」に次世代型地図「ANA Flight Path」を4月1日から順次導入すると発表しました。
 
ANA Flight Pathでは、自分の端末で自由に地図が動かせるのが特徴です。例えば、一部の都市ではストリートマップまで拡大することもできます。さらに、コックピットや左右の機窓からの景色(バーチャル)も楽めるとのこと。
 
また食べログと提携し、「食べログアワード」「食べログ百名店」が閲覧できるほか、2018年度下期以降には食べログ編集部による独自視点のグルメコンテンツ「食べログマガジン」も配信予定です。
 
さらにゼンリンと提携することで、ゼンリンとANAが選んだ日本各地の絶景ポイント情報「絶景100選」も地図上に掲載されるようになります。そして2018年度下期以降には一度は行ってみたい日本全国100箇所の観光地情報も掲載されるそうです。
 
Image Credit: ANA
■国内線「ANA Wi-Fi Service」の地図に新たな機能を追加!
https://www.ana.co.jp/group/pr/201802/20180219.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る