エアバスA330-800がロールアウト 2018年半ばの初飛行を予定


 
エアバスは2018年2月5日(現地時間)、A330neoファミリーの最新機種となる「A330-800」がロールアウトしたことを発表しています。上の写真は、塗装を終えた機体のものです。
 
A330-800は250座席を備えるエアバスの次世代ワイドボディ機で、251トンの最大離陸重量と8150海里の最大航続距離を達成。A330-200の汎用性や人気、成功を引き継ぎ、次世代の経済性を達成した機体となっています。
 
機体はA330-900と99%を共有しており、同一のフレームやロールス・ロイス製の「トレント7000」エンジンを採用、クルー教育も共用できます。また「A350XWB」の技術を利用したシャークレットは翼長を64mに延長し、最先端の空気力学的特性を実現しています。
 
なお、A330-800は2018年半ばに初飛行を予定しています。
 
Image Credit:エアバス
■エアバス・ジャパン
http://www.airbusjapan.com/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る