小型ロケット「SS-520 5号機」打ち上げ成功 超小型衛星「TRICOM-1R」投入


 
JAXAは2018年2月3日(日本時間)、小型ロケット「SS-520 5号機」の打ち上げを内之浦宇宙空間観測所から実施しました。ロケットの打ち上げと超小型人工衛星「TRICOM-1R」の投入は成功したことが発表されています。
 
SS-520 5号機は観測ロケット「SS-520」を3段式にしたロケットで、全長は9.54m、重量は2.6トン。固体燃料を利用し、低軌道に4kg以上の打ち上げ能力を持ちます。2017年1月に打ち上げられた「SS-520 4号機」は残念ながら実験に失敗してしまいましたが、今回の打ち上げではその対策が実施されました。
 
TRICOM-1Rは縦横116×奥行き346mm、重量約3kgの小型人工衛星で、地上からのデータの送受信を行う「Store and Forwardミッション」や地球撮影、打ち上げ・軌道投入後に地球を撮影し観測データを送信する「即時観測ミッション」を行う予定です。リリースの発表時点で、人工衛星の状態は正常だと伝えられています。
 
Image credit: JAXA
■SS-520 5号機による超小型衛星打上げの実証実験の結果について
http://www.jaxa.jp/press/2018/02/20180203_ss-520-5_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る