宇宙を遊び場にする「みんソラ」プロジェクト、オスカープロモーションらが発表

「宇宙を遊び場にする」というコンセプトのもと、芸能事務所のオスカープロモーションら5社からなる「みんなの宇宙(ソラ)プロジェクト」、略称「みんソラ」が発表されました。

「みんソラ」はもともと宇宙開発と縁のなかったエンタメ企業であるオスカープロモーションと宇宙産業がコラボレーションし、普通の人にとっても遠く感じていた宇宙を「誰もが楽しめる遊び場」にすることを目標にするとのことです。また、このプロジェクトは一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(JSS)の宇宙ビジネス相談窓口「宇宙ビジネスコート」のコーディネートで実現したもので、オスカーとJSSのほか宇宙に関する3社の企業が参加しています。

・オフィスK:宇宙航空研究開発機構(JAXA)元参与の小澤秀司氏が、宇宙利用コンサルティングとして参加。

・ヤマウチマテックス株式会社:3D金属加工により、構造体を製作。

・株式会社ワープスペース:筑波大学の超小型衛星開発の経験をもとに、人工衛星モジュールを開発。

これらの企業のコラボレーションによる「みんソラ」の第一弾として、360度撮影可能なVRカメラと通信装置を搭載した宇宙TOY「ENJOY ONE」の開発も発表されました。「ENJOY ONE」はロケットで打ち上げて宇宙空間に放出し、弾道宇宙旅行を体験できる映像を撮影するとのことです。2019年のテストフライト、2020年にVR体験を実施する計画です。

また「みんソラ」のサイエンスコミュニケーターとしてタレントの岡田結実さん、サポーターとして男劇団 青山表参道Xが就任。活動をアピールしていくことになりました。今までにない宇宙エンターテイメントの試みになりそうです。

Image Credit: JSS

関連記事

ページ上部へ戻る