1月31日の「皆既月食を観測しよう」 国立天文台がキャンペーン実施


 
今月末に観察できるビッグな天文イベントこと、1月31日の皆既月食。このタイミングにあわせて、国立天文台は「皆既月食を観測しよう2018」キャンペーンを実施します。
 
皆既月食は、月が地球の影に入ることで月が欠ける「食」が起きる現象です。今回は皆既月食ということで月の全てが隠れ、赤黒く輝く月が観測できると期待されます。また国立天文台によれば今回は大変観測の条件がよく、日本全国区で始まりから終わりまで皆既月食が観測できるそうです。
 
そしてキャンペーンでは1月31日正午から2月2日正午まで、月食の報告を受け付けます。公式ページ(URL)のフォームから、月の色などが報告できるとのこと。さらに観察結果を報告しアンケートに答えた人の中から抽選で10名に、「国立天文台オリジナル 手ぬぐい(非売品)」がプレゼントされます。
 
なお国立天文台のデータによると、日本では部分食が始まるのが20時48.1分、皆既食が始まるのが21時51.4分、食の最大が22時29.8分、皆既食の終わりが23時08.3分、部分食の終わりが24時11.5分となっています。
 
Image Credit: 国立天文台
■「皆既月食を観察しよう2018」キャンペーン
https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201801-lunar-eclipse/
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る