JAXA、小型ロケット「SS-520 5号機」2月3日14時頃打ち上げ 超小型衛星の打上実証


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年1月19日、小型ロケット「SS-520 5号機」2月3日の14時00分〜20分頃(日本標準時)に打ち上げると発表しました。打ち上げ場所は鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所となります。
 
SS-520 5号機は観測ロケット「SS-520」を3段式にしたロケットで、全長は9.54m、重量は2.6トン。固体燃料を利用し、低軌道に4kg以上の打ち上げ能力を持ちます。しかし搭載部品の一部に不具合が確認されたため、2017年12月28日から打ち上げが延期されていました。そして、その原因究明と対策が終了したことで今回の打ち上げへとつながりました。
 
なお、実験期間(実験予備期間を含む)は2月3日〜2月12日を予定しています。また12月の打ち上げ予定時での発表では、ロケットには東京大学が開発した超小型衛星「TRICOM-1R」が搭載される予定となっています。
 
Image Credit: JAXA
■SS-520 5号機による超小型衛星打上げ実証の実験予定日について
http://www.jaxa.jp/press/2018/01/20180119_ss-520-5_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る