イプシロンロケット3号機、18日以降に打ち上げ延期 天候悪化予測により


 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、2018年1月17日に予定していた「イプシロンロケット3号機」の打ち上げを1月18日以降に延期することを発表しました。延期の理由は天候悪化が予測されるためで、具体的な打ち上げ日はまだ発表されていません。
 
内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられるイプシロンロケット3号機ですが、同ロケットには高性能小型レーダー衛星「ASNARO-2」が搭載されます。これはスポットを絞った高解像度な観測が可能な小型地球観測衛星で、太陽同期準回帰軌道に投入されます。
 
そしてイプシロンロケット3号機は3段式の固体ロケットです。第1段は「H-IIA」ロケットの固体ロケット・ブースター(SRB-A)と機器を共通化し、自己診断機能や少人数での打ち上げ管制などを採用することで、コスト低減なども可能になってます。
 
Image Credit: JAXA
■ASNARO-2/イプシロンロケット3号機、1月18日(木)以降に打ち上げ延期
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/epsilon/index_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る