定時運行率、JALとANAがワンツーフィニッシュ 2017年メガ・エアライン部門


 
イギリスのOGA(Official Airline Guide)は2017年における定時運行率ランキングを発表し、メガ・エアライン部門で日本のJAL(日本航空)とANA(全日本空輸)がそれぞれ1位と2位を獲得しています。
 
ランキングによれば、JALの定時運行率は85.27%でトップとなり、ANAの定時運行率は83.81%で2位。また3位はデルタ航空で82.76%となっています。そして全航空会社を対象としたランキングでは、エア・バルティックが90.01%でトップとなっています。
 
さらにメガ・エアポート部門の定時運行率では、羽田空港が86.75%が1位を獲得しています。
 
個人的にヨーロッパ系の航空会社(LCC含む)をよく利用するのですが、遅延や欠航をよく経験します。これからもJALやANAには日本を代表するエアラインとして、この素晴らしい定時運行率を維持してほしいものです。
 
Image Credit: Wikimedia Commons
■On-Time Airline & Airport Rankings
https://www.oag.com/2018-airport-airline-on-time-performance-report
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る