金井宇宙飛行士、身長9cmの伸びは誤り 2cmに修正


 
2017年のクリスマス前に国際宇宙ステーション(ISS)に搭乗した、日本の金井宇宙飛行士。先日同飛行士は「宇宙で身長が9cm伸びました」と報告し地上を沸かせましたが、どうやら再計測の結果「身長の伸びは2cm」だったと判明しました。
 
ISSのような微重力環境、あるいは無重力環境に長期間滞在すると、一般的に身長が伸びることはよく知られています。金井宇宙飛行士の地上での身長は180cmなので、9cmというとその5%も身長が伸びたということになってしまいます。
 
しかしロスコスモスのアントン・シュカプレロフ宇宙飛行士のアドバイスで再計測した結果、身長の伸びは2cmと1%程度に収まっていたことが判明。しかしまだISSに搭乗して4週間目の金井宇宙飛行士ですから、今後の伸びにも期待できる?かもしれません。
 
なお、金井宇宙飛行士は同じくTwitterにて腰や背中などに異常はなく、肩こりも治ったと体調の良さをアピールしています。これから地上に帰還するまでの6ヶ月弱、ぜひISSで健康な生活をおくってほしいものです。
 
Image Credit: Twitter
■金井 宣茂(Twitter)
[https://twitter.com/Astro_Kanai/status/950750255070531585]
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る