GoProがドローンビジネスの終了を発表


 
GoProは2018年1月8日(現地時間)、2017年第4四半期業績発表報告にて、ドローンビジネスの終了を発表した。現在販売中のドローン「Karma」の在庫がなくなり次第、事業を中止する。なお、製品サービスとサポートは今後も継続される予定だ。
 
GoProは2016年に同社初となるドローン製品のKarmaを投入するも、製品トラブルによるリコールを発表。その後にKarmaは販売が再開されたが、GoProが見込むような利益を上げることができなかった。また撤退の理由として、欧州や米国で議論されている規制なども理由としている。
 
さらにドローンビジネスだけでなく、CNBCなどの一部報道ではGoPro自身の身売りも報じられている。報道ではGoProはJPモルガンと契約の上、身売りや提携先を探すとしている。
 
Image Credit: GoPro
■GoPro Announces Preliminary Fourth Quarter 2017 Results
https://investor.gopro.com/press-releases/press-release-details/2018/GoPro-Announces-Preliminary-Fourth-Quarter-2017-Results/default.aspx

関連記事

ページ上部へ戻る