スペースX「Zuma」、打ち上げは1月7日に延期 政府系機密ミッション


 
引き続きの延期です。スペースXが2018年1月5日(現地時間)に予定していた、「ファルコン9」ロケットを利用した打ち上げミッション「Zuma」。こちら、打ち上げ予定時期が1月7日に延期されたことが公式に発表されました。
 
Zumaはアメリカ政府とスペースXが契約したミッションで、ペイロードはノースロップ・グラマンが製造しています。ただし、低軌道(LEO)へと投入されるそのペイロードの種類や目的は現時点でも明かされていません
 
スペースXの説明によれば、今回の打ち上げ延期は気象条件の悪化によるもの。ファルコン9やペイロードには問題はないそうです。なお、Zumaの打ち上げは当初は昨年11月中旬に予定されていました。
 
また、Zumaの打ち上げの後にケネディ宇宙セターの第39A発射台では「ファルコン・ヘビー」のスタティック・ファイア・テスト、そして1月末の打ち上げが予定されています。もしZumaがさらに延期されるのであれば、ファルコン・ヘビーのスケジュールに影響を与えかねません。
 
Image Credit: スペースX
■SpaceX(Twitter)
[https://twitter.com/SpaceX/status/949074398543261696]
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る