ANA、国内線機内Wi-Fiインターネットを無料提供へ 2018年4月1日より

 

ANA(全日本空輸)は「機内Wi-Fiインターネット(ANA Wi-Fi Service)」を国内線にて2018年4月1日から無料で提供すると発表しました。

 

ANA Wi-Fi Serviceでは、ウェブサイトやEメールの閲覧が可能です。対象機種はB777・B787・B767・B737-800・A321型機のすべてのクラスで、機内入り口にロゴが添付されている便が対象になります。また2018年度末までには国内最大規模の約100機でANA Wi-Fi Serviceが利用できるようになる予定です。

 

ANA Wi-Fi ServiceにはPanasonic Avionics Corporationによる航空機内インターネット接続サービス「eXConnect」により、通信衛星を利用します。通信状態によって速度や接続状態が変化するのは、これまでと変わりません。

 

さらに、機内Wi-Fiインターネットで利用できるコンテンツも2018年4月1日から100以上に拡大し、「A321neo」に続き「ボーイング 777」「ボーイング 787」にも順次シートモニターやUSB充電ポート、パソコン電源を装着すると発表しています。後者は2019年度下期以降に展開される予定です。

 

Image Credit: ANA
■新たな機内での過ごし方を提案します!
https://www.ana.co.jp/group/pr/201712/20171220-2.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る