金井宇宙飛行士ら宇宙ステーションに到着 約6ヶ月の滞在開始

 

2017年12月19日(日本時間)、「ソユーズ(53S/MS-07)」宇宙船に搭乗した金井宇宙飛行士ら3人は国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング、その後にハッチオープンしISS内部の宇宙飛行士と合流しました。

 

第54/55次長期滞在クルーとして金井宇宙飛行士と共に打ち上げられたのは、ロスコスモスのソユーズコマンダーのアントン・シュカプレロフ宇宙飛行士、それにNASAのフライトエンジニアのスコット・ティングル宇宙飛行士です。

 

そして医師出身の金井宇宙飛行士は「健康長寿」という課題のもと、「アルツハイマー病」などの原因となるアミロイド線維の構造や形成機構に関する実験、それにタンパク質結晶生成実験などのミッションに取り組みます。

 

金井宇宙飛行士は2018年6月3日、ソユーズ宇宙船によって地球へと帰還します。日本の実験棟「きぼう」でのさまざまな実験に携わる金井宇宙飛行士の、素晴らしい成果に期待したいですね!

 

Image Credit: NASA
■金井宣茂宇宙飛行士の国際宇宙ステーション長期滞在開始について
http://www.jaxa.jp/press/2017/12/20171219_expedition_j.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る