SORATO、インドへ! 月面探査レース日本チーム「HAKUTO」送り出す

 

民間初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に参加する、日本チームの「HAKUTO」。その実働部隊となるローバー(探査車)の「SORATO(ソラト)」が、航空機によってインドへと送り出されました!

 

Google Lunar XPRIZEでは探査車を月へと送り込み、500メートル以上走行させた後に画像や動画を地球に送信するのが目標です。ミッションの期限が2018年3月31日までとなっており、最初に画像や動画の送信に成功したチームには2000万ドル(約23億円)の賞金が与えられます。

 

そしてHAKUTOのSORATOはインド宇宙研究機関(ISRO)の「PSLV」ロケットに、インドチーム「チームインダス(TeamIndus)」のランダー(着陸機)とローバーと共に設置され、月への道のりを目指すのです。

 

現在探査レースに残っているのは上の2つのチームの他に、イスラエルの「SpaceIL」、アメリカの「Moon Express」、国際チームの「Synergy Moon」。この中では打ち上げ実績のあるロケットを利用するHAKUTOとチームインダス、それに「ファルコン9」ロケットを利用するSpaceILが間に合えば、賞金獲得の可能性がありそうです。はたして人類初の民間月面レースに勝利するのは、どのチームになるのでしょう?

 

Image Credit: HAKUTO
■HAKUTO
[https://twitter.com/Team_HAKUTO/status/942965797822988288]
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る