スペースX、初の再使用ロケット&再使用補給船によるISSへの打ち上げ実施 着陸にも成功

 

宇宙開発企業のスペースXは2017年12月15日(現地時間)、「再使用ファルコン9」ロケットの打ち上げをフロリダのケープ・カナベラル空軍基地から実施しました。ロケットには「再使用ドラゴン補給船」が搭載されており、国際宇宙ステーションへ(ISS)の物資補給(CRS-13)を行います。

 

今回の再使用ファルコン9の第1段は、2017年6月に打ち上げられISSへと補給ミッション(CRS-11)をおこない、地上へと着陸したもの。また搭載された「ドラゴン補給船」も「CRS-6」ミッションにて使用済みのものが搭載されています。なお、再使用ファルコン9によるISSへの補給は初めてとなります。

 

さらに、ロケット第1段の地上着陸にも成功しています。ロケット打ち上げの低価格化を目指すスペースXにとって、このようなロケットのブースターと補給船の再利用は非常に大事なマイルストーンとなります。さらに打ち上げがおこなわれたケープ・カナベラル空軍基地の第40発射場は、2016年9月1日の爆発事故以来の利用となります。

 

なお、12月17日の16時21分(日本時間)には金井宇宙飛行士が登場した「ソユーズ」宇宙船がISSへとむけて打ち上げられます。

 

Image Credit: スペースX
■SpaceX to Launch Its Most Reused Rocket Yet Today: Watch It Live
https://www.space.com/39052-spacex-crs13-most-reused-rocket-launch-watch-live.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る