宇宙ステーションから3人の宇宙飛行士、無事地球に帰還

 

いよいよ、日本の金井宇宙飛行士がISSへと旅立つ準備が整います。2017年12月14日(現地時間)、国際宇宙ステーション(ISS)から3人の宇宙飛行士が「ソユーズ」宇宙船で地上へと帰還しました。

 

今回ISSから帰還したのは、第52/53次長期滞在クルーに所属するランディ・ブレスニク(Randy Bresnik)コマンダー、パオロ・ネスポリ(Paolo Nespoli)フライトエンジニア、セルゲイ・リザンスキー(Sergey Ryazanskiy)フライトエンジニアの3人。3人はISSにて、さまざまな科学実験に関わりました。

 

そして2017年12月17日の16時21分(日本時間)には、第54/55次長期滞在クルーとして金井宇宙飛行士がISSへと打ち上げられます。また同時に、ROSCOSMOSのソユーズコマンダーのアントン・シュカプレロフ宇宙飛行士、NASAのフライトエンジニアのスコット・ティングル宇宙飛行士もソユーズに同乗します。

 

さらに、打ち上げの模様と19日夜(日本時間)のハッチオープン・ISS入室YouTubeにてライブ配信される予定です。

 

Image Credit: NASA
■NASA Astronaut Bresnik and Crewmates Return to Earth From Space Station
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-astronaut-bresnik-and-crewmates-return-to-earth-from-space-station
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る