KDDIが「スマートドローン構想」発表 4G LTEによる約6.3kmの自律飛行や気象、災害情報との連携も


 
ますます進むドローンの産業分野への利用ですが、KDDIは2017年11月29日、ドローンを利用した災害情報の把握や農薬散布、さらには配達サービスをも見据えた「スマートドローン構想」を発表しました。
 

 
このスマートドローン構想では、自律飛行可能なドローンと携帯ネットワークを利用し運用されます。各地の携帯通信ネットワークセンターは「ドローンステーション」として、ドローンの充電や点検、遠隔監視を実施。そして天候を確認した後に離陸します。また基地局にも充電可能な「ドローンポート」が設置され、ドローンが遠隔地まで飛行できるのです。
 
世界初のモバイルネットワークと3次元地図を利用した完全自律飛行
 

 
新潟県長岡市では、4G LTEモバイル通信ネットワークを利用し「3次元地図」「ドローンポート」による完全自律飛行実験が実施されました。実験の結果、ドローンポートを経由しながら薬剤を散布し、着陸地点に帰還する約6.3kmの飛行に成功しました。
 
なお、3次元地図はゼンリンテラドローンが共同開発。そしてドローンポートへの着陸にはプロドローンの画像認識による自動着陸機能が利用されました。
 
ウェザーニューズと業務提携
 
20171129ndrone2
 
さらにウェザーニューズと業務提携し、ドローン向け気象予測情報の提供や、基地局に設置した気象観測システム「ソラテナ」の活用を模索します。
 
KDDIとウェザーニューズは、すでに全国約3,000箇所の基地局にソラテナを設置済み。そしてウェザーニューズの高精細な気象情報を活用し、ドローンの飛行予定ルートの可否の判断、あるいはルート変更が可能になるそうです。
 
4G LTE対応ドローンによる鉄道災害情報の収集も
 
20171129ndrone3
 
そしてキャノンMJや近畿日本鉄道と提携し、鉄道災害時における線路・送電施設の異常点検に関する情報収集の実証実験も開始します。
 
この実験では4G LTE対応スマートドローンにキヤノン製カメラを装着し、現場を撮影。そして近畿日本鉄道の車庫で動作を検証し、遠隔での効率的かつ安全な設備点検を実施するとのことです。


 
Image Credit:KDDI
■世界初、KDDI「スマートドローン」がモバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/11/29/2814.html
■KDDI・ウェザーニューズ、モバイル通信ネットワークを活用したドローン事業で業務提携
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/11/29/2815.html
■近畿日本鉄道、キヤノンMJ、KDDIが4G LTE対応ドローンを活用した鉄道災害時の情報収集の実証実験を開始
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2017/11/29/2813.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る