ANA、国内線の手荷物預かりを出発20分前に締め切りへ 12月1日より

20171124nana
 
ANA(全日本空輸)は公式ページ上にて、国内線の手荷物預かりの締め切りが出発の20分前までに設定されたことを案内しています。なお、この設定は2017年12月1日より実施されます。
 
この手荷物預かりとは機内に持ち込まない荷物のことで、出発ロビーの手荷物カウンターに預ける必要があります。そして12月1日からは、出発時刻の20分前までに預け荷物を提出しないと、航空機に乗れない可能性があるとのことです。
 
また保安検査場に関しても、出発時刻の15分前までに通過できるようにと呼びかけています。そしてこれからの年末年始やゴールデンウィーク、夏休みでは混雑が予測されるため、出発の40分前を目安に荷物を預けるようにと記載されています。
 
年末年始は長期休暇で大きな荷物と一緒に旅行をする方も増えそうですし、空港には余裕を持って到着しておきたいですね。
 
Image Credit: Wikimedia Commons
■ANA
http://www.ana.co.jp/domestic/prepare/baggage/
(塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る