JAL、初日の出&初富士フライトは中央席で2万5000円から 羽田発着は本日発売開始

20171120njal
 
JAL(日本航空)が今月始めに予告していた、2018年初日の出&初富士フライト。こちらの料金の詳細が公開されました。また、旅券は羽田発着便が本日より発売を開始します。
 
まず成田空港発着の場合、ビジネスクラスでは窓側から通路を含む2席が12万円、翼上の席が2席で11万円。プレミアムエコノミークラスでは窓側から2席で9万円、中央席1席が3万5000円。エコノミークラスで窓側から2席が8万円、中央席1席が2万5000円です。
 
そして羽田空港発着の場合、ファーストクラスで窓側から2席が14万円、中央席1席が5万円。クラスJでは窓側から2席が10万円、中央席1席が3万5000円。普通席では窓側から2席で9万円、中央席1席が2万8000円。エコノミークラスで窓側から2席が8万6000円、中央席1席が2万7000円です。
 
使用機材は成田国際空港発がボーイング787-9(国際線機材 JAL SKY SUITE 787)、羽田空港発がボーイング767-300ER(国内線機材)で、それぞれの募集定員は190名(最小催行120名)と230名(最小催行150名)です。さらに初日の出フライトでは「搭乗証明書」やおせち風弁当、紅白まんじゅうが乗客に振る舞われるそうです。
 
羽田空港発のチケットは11月21日10時30分に、成田国際空港発のチケットは11月22日10時30分に発売が開始される予定です。また、ファーストクラスはJALカード会員限定となります。
 
Image Credit: JAL
■2018年 JALグループ「初日の出 初富士フライト」
http://press.jal.co.jp/ja/release/201711/004498.html
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る