レッドブルエアレース、英ベン・マーフィーがマスタークラスに昇格 2018年から

Ben Murphy (GBR)
Balazs Gardi/Red Bull Content Pool
 
日本人パイロットの室屋義秀選手が年間総合優勝を手にしたことで、大盛り上がりのうちに終わった「レッドブルエアレース」。しかし来年に向けた動きはすでに始まっており、英国人パイロットのベン・マーフィー氏がマスタークラスに昇格することが発表されました。
 
マーフィー氏は英国空軍のアクロバティックチーム「レッドアローズ」を率いた経験もあるパイロットで、これまで2シーズンはチャレンジャークラスで活躍してきました。そして来年から開催される「Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン」より、とうとう最高峰のクラスで戦うこととなります。
 
レッドブルエアレースの2018年シーズンは2018年2月2日・3日にアブダビからスタート。マーフィー氏は過去にワールドチャンピオンを獲得するなど活躍し、引退したパイロットのポール・ボノム氏やナイジェル・ラム氏に続けることに、とても興奮しているとインタビューで語っています。
 
2018年シーズンはヨーロッパでは4月21日・22日にカンヌで、そして5月26日・27日にはヨーロッパで、6月23日・24日にはブダペストで、8月25日・26日にはカザンでのレースを予定しています。このヨーロッパにイギリスが含まれるのかどうか、今後も注目が集まりそうです。
 
Image Credit: Balazs Gardi/Red Bull Content Pool
■ベン・マーフィーがマスタークラスに昇格
http://airrace.redbull.com/m/ja_JP/article/benmahuigamasutakurasunisheng-ge#.WgwZoPvvLAJ.twitter
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る