「けものフレンズ痛飛行機」が空を飛ぶ! 公開機体デザインにはグレープ君も

20171025kemo
痛飛行機プロジェクト支援ファンド提供
 
大人気のうちに第1期のテレビ放送を終えたアニメ「けものフレンズ」ですが、現在そのキャラクターを機体にあしらった飛行機「けものフレンズ痛飛行機」を飛行させるプロジェクトが、クラウドファンディング形式で進められています。
 
このプロジェクトは、航空学校イー・フライトアカデミー代表の空飛ぶたぬきさんが個人で進めているもの。クラウドファンディングで資金を集め、パイパー社製「PA-46型機」の機体にけものフレンズのキャラクターのラッピングを施します。プロジェクトは「二次創作」の範囲で、製作委員会「けものフレンズプロジェクト」から許可を得たものです。
 
そして製作された痛飛行機は、11月4日から12月5日まで国内空港をキャラバン飛行します。キャラバンフライトでは10月26日時点では佐賀、名古屋、八尾、岡南、神戸、徳島、松山、静岡、松本、能登、金沢、福井への寄港が確定済み。さらに、より多くの空港への寄港を調整中です。また、11月5日に神戸空港、11月19日に岡南空港、12月1日〜3日にあいち航空ミュージアムでの一般公開も予定しています。
 
クラウドファンディングでは300万円の資金調達を目標としており、10月24日時点では175万5000円の支援が集まっています。また支援者には金額に応じて飛行機に同乗する権利や空中撮影の権利、ステッカーなどの配布が行われます。支援は5000円から可能となっているので、けものフレンズと航空ファンには見逃せないプロジェクトとなりそうですね!
 
Image Credit: 痛飛行機プロジェクト支援ファンド
■痛飛行機プロジェクト支援ファンド
https://kemono.fly-tanuki.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る