「中性子星合体による重力波」初観測に成功 米欧研究チーム

20171016ngravi
 
重力波観測にまた新たな快挙です。米国のLIGOと欧州のVirgo(それぞれ重力波研究所)は2017年10月16日(現地時間)、今年8月17日に重力波を観測していたと発表しました。さらに、今回の重力波は初めて中性子星同士の衝突による重力波を観測したものとなります。
 
これまで重力波は4回観測されていましたが、それらはすべてブラックホールの合体が原因となり発生したものでした。しかし今回の中性子同士の衝突は巨大な火の玉を生み、地上の望遠鏡からも観測することができたのです。
 
今回の重力波は地球から1億3000万光年離れた場所で発生。それぞれの中性子星は太陽質量の1.1倍と1.6倍の重さとなり、お互いの周りを高速で回転した後に衝突したものと考えられています。
 
さらに今回の観測では、8月の観測時にLIGOとVirgoが世界の観測機関に警告を発したことで全世界の天文台が観測を行い、重力波の発生を追加確認。さらに観測からは、「金」などの重い元素の誕生も観測されています。
 
前述の追加確認には日本の国立天文台なども参加しており、観測結果を発表しています。その内容については別記事にて。
 
Image Credit: NSF LIGO Sonoma State University / A. Simonnet
■For the first time, astronomers detect gravitational waves from two neutron stars colliding
https://www.theverge.com/2017/10/16/16471616/gravitational-waves-ligo-virgo-neutron-stars-merger-multi-messenger-astronomy

関連記事

ページ上部へ戻る