JAL、ハワイアン航空とコードシェア、マイレージ提携へ ANAとの提携は解消

20170926njalhaw
 
JAL(日本航空)は2017年9月26日、ハワイアン航空と包括的業務提携契約について合意したことを発表しました。これにより、両社間でのコードシェアやマイレージ提携などが予定されています。
 
発表によれば、双方の日本=ハワイ路線でのコードシェア、ラウンジの相互使用、マイレージプログラムの提携などを含めた業務提携が来年の夏季ダイヤが始まる2018年3月25日から順次開始されるそうです。さらに将来的には、ハワイ=アジアマーケットでの共同事業も予定しています。
 
コードシェアの対象路線はJAL運航便が成田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、中部=ホノルル、HA便と乗り継ぎ可能なJAL運航国内線およびアジア路線。HA運航便が成田=ホノルル、羽田=ホノルル・コナ、関西=ホノルル、新千歳=ホノルル、JAL便と乗り継ぎ可能なHA運航ハワイ州内路線です。またHA便を利用したJALPAKによる造形商品の発売や、HAの成田空港第1ターミナルから第2ターミナルへの移動なども予定されています。
 
また26日には、ANA(全日本空輸)がハワイアン航行との提携解消を発表しています。解消の期日は2018年3月を予定し、詳細はANAホームページなどで発表されるそうです。
 
■JALとハワイアン航空、包括的業務提携契約に合意
http://press.jal.co.jp/ja/release/201709/004433.html
■ハワイアン航空との提携解消について
http://www.ana.co.jp/topics/notice170926/

関連記事

ページ上部へ戻る