夕日に沈む、イベント開催を終えたアップル本社をドローン空撮

20170925napple
 
つい先々週に華々しく新型iPhoneの発表会が開催された、Apple新本社こと「Apple Park」。当日は初めてメディアに敷地が開放されたのですが、祭りも終わった9月終盤、その内部の4K解像度によるドローン空撮が公開されました。
 

 
動画はTwitterアカウントのMatthew Robertsが撮影したものです。広大な敷地の中に設置された、イベントが開催されたオーディトリウム(講堂)の「スティーブ・ジョブズ・シアター」や、ビジターセンター、駐車場への入り口などが確認できます。
 
また、本社社屋の天井には膨大な量のソーラーパネルが張り巡らされています。これにより、アップル本社はそのすべての電力を自然エネルギーから賄うことができるのです。
 
今年の4月から始まったアップル新社屋へのアップル従業員の引っ越しですが、それがいつ終わるのか、そして建物がいつ完成するのかは今のところ明かされていません。故スティーブ・ジョブズの最後の作品と呼ばれることもあるApple Parkですが、まだその全貌を知ることはできないようです。
 
Image Credit: Matthew Roberts(YouTube)
■Latest 4K Apple Park drone video drops down inside the spaceship ring at sunset
https://9to5mac.com/2017/09/25/apple-park-drone-video-september-2017/

関連記事

ページ上部へ戻る