有線給電ドローンによるライブ撮影システム、ソニービジネスとエアロセンスが構築

20170914ndrone
 
ソニービジネスソリューション株式会社とエアロセンス株式会社は2017年9月14日、有線給電方式の高画質ドローンによるライブ撮影システムを構築したと発表しました。このシステムは8月20日に開催された音楽番組「超ドSフェスタしずおか」ですでに運用され、テレビ放送されています。
 
ドローンはもともとこのような空撮と親和性の高い機材なのですが、飛行時間の短さがネック。そこで有線給電ドローンを導入し、さらに光ファイバーケーブルによる非圧縮で高画質なリアルタイム映像伝送を実現したのです。撮影ではジンバルによるカメラのパン/チルト操作も可能です。
 
エアロセンスは以前から有線ドローンを披露しており、自動運転車と組み合わせるなどのソリューションを公開しています。少し強引ではありますがドローンの飛行時間を飛躍的に改善し、さらに高画質な映像伝送も可能になる今回の技術、ライブなどのエンターテイメント分野から、監視や検査まで、幅広い応用分野がありそうですね!
 
Image Credit: ソニービジネスソリューション
■有線給電ドローンを活用したライブ撮影システムをエアロセンス社と構築静岡放送様主催イベントにて初運用
http://www.sonybsc.com/sbsc/press/2017/20170914.html

関連記事

ページ上部へ戻る