羽田空港の国際線ターミナルは「第3ターミナル」に 発着約4万回拡大へ

20170831nhaneda
 
国土交通省は平成30年度航空局関係予算概算要求概要の中で、羽田空港の「国際線ターミナル」の名称を「第3ターミナル」へと変更することを公開しました。
 
この変更は、第2ターミナルの国際線対応施設の整備に伴ったものです。これで、どちらが国際線ターミナルなの?という迷いが発生しなくなることが期待できそうです。名称の変更は2020年3月末を予定しています。
 
さらに羽田空港は、飛行経路の見直しなどにより2020年までに約4万回の発着の拡大を目指すとしています。また空港施設でも、国際線・国内線地区を結ぶトンネル(際内トンネル)の整備、空港アクセス道路の改良、川崎市・羽田空港を結ぶ連絡道路の整備を行うとこのとです。
 
Image Credit: 羽田空港
■平成30年度航空局関係予算概算要求概要
http://www.mlit.go.jp/common/001198623.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る