イーロン・マスク、スペースXの「宇宙服」を初公開 ドラゴン2宇宙船などで利用

20170824nem
 
現在スペースX社が開発をすすめる、有人宇宙船「ドラゴン2(有人版ドラゴン)」。その有人打ち上げは2018年6月に予定されていますが、それに先駆けて同社CEOのイーロン・マスク氏はドラゴン2に搭乗する宇宙飛行士のための宇宙服を公開しました。
 
マスク氏が公開した上の画像はCGやモックアップではなく、実際に利用可能な宇宙服です。すでに減圧室でのテストなどを経ており、マスク氏は「美しさと機能性のバランスをとるのに苦心した」と明かしています。なお、この宇宙服の詳細については数日後に明かされるそうです。
 
スペースXとボーイングはNASAと、宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へと輸送する商業乗員輸送プログラム(CCP)の契約を結んでいます。そして、スペースXのドラゴン2に搭乗する宇宙飛行士はこの宇宙服を着用するのです。ドラゴン2は2018年2月に無人での打ち上げを、そして同年6月に有人での打ち上げを予定しています。
 
ドラゴン2といえば、先日にはエンジン噴射を利用した着陸技術「Propulsive Landing」の利用中止を示唆し、通常のパラシュートによる着水を行うとしています。またボーイングも2018年8月に有人打ち上げを予定している宇宙船「CST-100 スターライナー」用の宇宙服を公開し、いよいよ民間企業が運用する宇宙船で人類が宇宙へと飛び立つ日が近づいているのです。

Image Credit: スペースX
■Elon Musk reveals first official photo of SpaceX space suit
https://www.theverge.com/2017/8/23/16188658/elon-musk-reveals-first-official-photo-spacex-spacesuit

関連記事

ページ上部へ戻る