海外DJIドローン「Spark」、ファームアプデしないと9月1日以降は飛行できず

20170823ndji
 
海外DJIは2017年8月21日(現地時間)、以前報告された「ドローンが飛行中にシャットダウンする問題を解決するファームウェアを配信すると発表しました。配信時期は今週中を予定しています。
 
そして注意すべきことに、この新ファームウェアを9月1日までにインストールしないと、ドローンは飛行できなくなるのです。この方針について、DJIは「ファームウェアアップデートの義務化は安全飛行と製品の信頼を高めるためだ」と説明しています。
 
この不具合はSparkのバッテリーのマネジメントシステムと電源供給に起因するものです。DJIによれば、この不具合が発生しているドローンは「ごく少数」とのこと。また残念なことに、ドローンが突然シャットダウンするという問題は他社のドローンでも発生しています。
 
Sparkの新ファームは「DJI Go 4」アプリか、あるいはパソコン向けアプリ「DJI Assistant 2」を通じてインストールできます。また日本のDJIはこの件に関してまだリリースを出していないため、新ファームウェアの配信やドローンの飛行機能の停止が国内販売されたドローンにも適応されるのかは不明です。
 
Image Credit: DJI
■DJI will ground Spark drones on September 1st unless owners install an update
https://www.theverge.com/2017/8/22/16184924/dji-spark-drone-malfunction-firmware-fix-deadline-update

関連記事

ページ上部へ戻る