ソニーのミラーレスカメラ「α7S II」 ISS船外から民間初の4K映像を撮影

20170728nsony
 
ソニーは7月27日、同社のフルサイズミラーレスカメラ「α7S II」が民生用カメラとしては初めて、国際宇宙ステーション(ISS)船外からの4K映像の撮影に成功したと発表しました。

日本の実験モジュール「きぼう」の、船外プラットフォーム用カメラシステムに設置されたα7S II。映像では、α7S IIが日本列島の昼と夜の姿を美しく描写している様子がわかります。これも、同カメラのISO409600などの素晴らしい高感度性能などのおかげでしょう。

2016年12月9日にISS補給機「こうのとり」6号機によって打ち上げられた、α7S II。2017年2月8日にきぼうの船外実験プラットフォームに設置された同カメラは、今でもISSから地球を見つめています。
 
ソニーは今年4月に恐るべき連射性能を備え、スポーツ撮影向けに振った「α9」を発表しました。今後は同カメラに高感度バリエーションが登場するのか、そしてそのバリエーションが宇宙へと旅立つ日がくるのか……なかなか楽しみですね。
 
Image Credit: ソニー
■国際宇宙ステーション船外で、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7S II』が民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201707/17-068/index.html

関連記事

ページ上部へ戻る