スペースX、延期続く「ファルコン9」打ち上げを7月5日/6日以降に

20170705nx
 
当初は2017年7月2日に打ち上げが予定されていた、スペースX社のロケット「ファルコン9」。その後ロケットの打ち上げは何度か延期を繰り返し、現時点で同社CEOのイーロン・マスク氏は「打ち上げは7月5日/6日以降になる」ことを表明しています。
 
フロリダ州のケネディ宇宙センターに設置され、人工衛星「Intelsat 53e」を搭載したファルコン9。新たに製造されたこのファルコン9は内部システムなどの理由により、度々打ち上げが延期されてきました。そして一度は7月4日に打ち上げ日が設定されたものの、後に7月4日はロケットと発射台の点検に費やされることが発表されたのです。
 
なお、ボーイングが製造したIntelsat 53eはブロードバンド通信やHDテレビ放送など、多岐にわたるサービスを提供します。また同衛星は重いためロケットが基地に帰還する燃料を残せず、ロケット第1段の着陸は行わない予定です。
 
SpaceXのTwitterアカウントなどを見るに、現時点では具体的な次回の打ち上げ日時は発表されていません。大量の打ち上げ契約を抱えているSpaceXですから、ヤキモキする日が続いていそうです。
 
Image Credit: SpaceX
■SpaceX Scrubs Satellite Launch Just Before Liftoff Again
https://www.space.com/37390-spacex-falcon-9-rocket-launch-scrub-again.html

関連記事

ページ上部へ戻る