中国、「長征5号」ロケットの打ち上げに失敗 通信衛星搭載

20170703nchosei5
 
中国は7月2日(現地時間)、「長征5号」ロケットを海南島の文昌衛星発射場から打ち上げました。ただし、打ち上げは失敗に終わっています。
 
中国の最もパワフルなロケットとなる長征5号は、今回が2回目の打ち上げでした。全長57メートルの同ロケットはブースターやペイロード・フェアリングの分離を行ったのですが、突然中継が打ち切りに。そして、打ち上げの失敗と今後の調査が発表されたのです。
 
なお打ち上げ失敗の原因は発表されていませんが、中継されていた映像からは第1段のシャットダウンと分離が通常より1分遅かったそうです。また、同ロケットは実験通信衛星と通信衛星「Shijian 18」の軌道投入を予定していました。

 
なお、長征5号は月サンプルリターン計画となる 探査機「嫦娥5号」の打ち上げを11月に予定しています。今回の打ち上げ失敗が 嫦娥5号にどのように影響するのかは不明です。その他にも長征5号は来年の宇宙ステーション部品の打ち上げ2020年代中盤の火星への探査機の打ち上げも予定しています。
 
Image Credit: 新華社
■Launch of China’s heavy-lift Long March 5 rocket declared a failure
https://spaceflightnow.com/2017/07/02/launch-of-chinas-heavy-lift-long-march-5-rocket-declared-a-failure/

関連記事

ページ上部へ戻る