スペースX、「ファルコン9」7月2日に打ち上げ Intelsat 53e搭載

20170630nx
 
スペースX社2017年7月2日に「ファルコン9」ロケットを打ち上げると、Twitterアカウントにて発表しました。発射場はフロリダ州のケネディ宇宙センターの第39A複合発射施設となります。
 
今回打ち上げられるのはIntelsatの人工衛星「Intelsat 35e」。ボーイングが製造したこの人工衛星は、ブロードバンドのデータ通信やHDテレビの放送、携帯や政府といった顧客へサービスを提供します。またIntelsat社の社長によれば、ロケットの打ち上げは23時36分(グリニッジ標準時)になるとのことです。
 
なおスペースXは6月23日と25日にもファルコン9の打ち上げを行っており、なかなかのハイペースです。また6月25日の打ち上げではチタン製の新型フィンを搭載したファルコン9が打ち上げられましたが、7月2日の打ち上げでも新たに製造したファルコン9が利用されます。
 
今回の打ち上げではペイロードが重いため、ロケット第1段の回収は行われない予定です。
 
Image Credit: SpaceX
■SpaceX will try for third Falcon 9 launch in less than two weeks
https://spaceflightnow.com/2017/06/27/spacex-will-try-for-third-falcon-9-launch-in-less-than-two-weeks/
■SpaceX(Twitter)
https://twitter.com/SpaceX?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

関連記事

ページ上部へ戻る