最新ステルス戦闘機「F-35A」国産初号機が披露 三菱重工と米ロッキード・マーティン

20170605nf35
  
航空自衛隊向けの最新ステルス戦闘機「F-35A」の国産初号機が、米ロッキード・マーティンと三菱重工によって2017年6月5日に公開されました。同機は青森県の三沢基地に配備される予定です。
 
合計42機の航空自衛隊への納入が予定されているF-35Aですが、2016年にはアメリカのフォートワース工場で生産された初号機が公開。そして愛知県の小牧南工場では、三菱重工によって38機がライセンス生産される予定です。
 
F-35Aはロッキード・マーティンの最新戦闘機「F-35 ライトニングII」の通常離陸機タイプで、ステルス性能と高いネットワーク中心作戦能力が特徴。老朽化した航空自衛隊の「F-4」戦闘機との置き換えが予定されています。また山口県の岩国基地には、短距離離陸・垂直着陸機(STOVL)タイプとなる米軍の「F-35B」が配備されています。
 
Image Credit: ロッキード・マーティン提供
■ロッキード・マーティン
http://www.lockheedmartin.com/us.html

関連記事

ページ上部へ戻る