魚群探知機搭載! 水中ドローン「PowerRay」国内発売へ

スペシャリスト:

20170516nray1
 
PowerVisionは5月16日、魚群探知機を搭載した水中ドローン「PowerRay」を国内で発売すると発表しました。本体価格は魚群探知機を搭載したモデルが20万8000円(税別)〜21万8000円(税別)、シンプルなドローン単体モデルは16万8000円(税別)です。
 

 
PowerRayは本体下部に魚群探知機を搭載し、海底の魚情報、水温、水深、地形をスマートフォン向けアプリで確認することができます。またこの魚群探知機はドローンから取り外して単体でも利用可能です。
 
ドローンは水深30メートルまで潜水可能。また本体には釣り糸フックを搭載し、釣り針をベストなポイントへと運搬できます。さらに、最廉価モデル以外には釣り餌投下機も搭載されています。
 
そして本体前部のカメラとVRゴーグルと組み合わせることで「水中を実際に泳いでいるようなビジョン」を楽しむことも可能。カールツァイス製のVRゴーグル「VR ONE Plus」を同梱したセットは21万8000円(税別)で販売されます。
 
Image Credit: PowerVision
■PowerRay
http://www.powervision.me/jp/html/pv/powerray.html

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報