「みちびき2号機」6月1日にH-IIAロケットで打ち上げ 準天頂衛星システム本格構築へ

20170410nmi
 
JAXA(宇宙航空研究開発機構)は4月10日、準天頂衛星「みちびき2号機」を6月1日の9時20分頃に打ち上げることを発表しました。打ち上げにはH-IIAロケット34号機が利用され、打ち上げ場所は種子島宇宙センターとなります。
 
みちびきは初号機が2010年に打ち上げられ、2号機から4号機までが2017年に打ち上げ予定。そして2018年度からは4機体制となり、「準天頂衛星システム(QZSS)」の本格運用がはじまります。これによりGPSと組み合わせて山間地やビル陰等でも正確な衛星測位サービスを利用することが可能になります。
 
みちびきシリーズの打ち上げロゴマークは、「エヴァンゲリオン新劇場版」で知られる株式会社カラーがデザインを担当したことでも話題となりました。すでに準天頂衛星システム(QZSS)に対応した腕時計やカーナビゲーションシステムも登場しており、iPhone 7/7sやApple Watch Series 2対応製品リストに加えられています。
 
なお、みちびき2号機の打ち上げ予備期間は6月2日から6月30日が設定されています。
 
Image Credit: JAXA
■H-IIAロケット34号機による「みちびき2号機」(準天頂衛星)の打上げについて
http://www.jaxa.jp/press/2017/04/20170410_h2af34_j.html

関連記事

ページ上部へ戻る